2016年5月8日(日) 堺市音楽団 第21回定期演奏会 (泉ヶ丘ビッグアイ) (4)

  • 2016.05.24 Tuesday
  • 12:56



第二部は、
♪オー・シャンゼリゼ
♪シャンソン・メドレー
♪パリのアメリカ人
♪M.ルグランの世界

 「フレンチポップスの愉しみ ランデブー<秘密の待ち合わせ>」と題し、フランスのシャンソンや映画音楽の中から人気があるものをピックアップして演奏しました。
 「シャンソン・メドレー」以降、当団お馴染みの顔である常任指揮者から、デビューとなる若い指揮者に交代しました。登場するなり、司会者から好きなタイプの女性について突然尋ねられるという無茶ぶりにも負けず、フレッシュで熱いハートを持った指揮で団員を一つにまとめていました。


(※写真はリハーサル時のものです。)

 「シャンソン・メドレー」ではクラリネットのソリストが、客演のアコーディオン奏者さんに突然バラの花を渡す少し照れくさい演出もあり、会場が沸く一幕もありました。


(※写真はリハーサル時のものです。)

 ポップスステージでは各楽器のソロが至る所にあり、団員が入れ替わり立ち代わりで立ったり前に出たりして演奏しました。皆、それぞれ練習してきた自分の見せ場をお客様に伝えようと精一杯心を込めて披露しました。
   
 ソロに限らず、「ここはこう聴かせたい!」と各パートがそれぞれ頑張りました。各団員にそれぞれ見せ場があり、お互いが聴き合い、エールを送り合いながら演奏しました。特定の人だけが頑張ることなく全員で頑張っていて、「皆で演奏している」意識なので演奏には自然と一体感が生まれました。
 練習で誰かが欠席した時は、その人の演奏や役割を他の人が代わりに受け持つという事が自然に行われていました。皆自分の事もやりながらなので、決して簡単な事ではないのですが、誰一人として嫌な顔をする事なく、また見返りを求める事もなく、ただバンドを良くしたいという思いで動いていました。
 そんな積み重ねがあったので、本番での演奏は呼吸ピッタリ!!1,000人のお客様と一緒にノリノリに楽しんで、会場はフレンチポップス一色に染まっていました。


(Perc.Y.I)
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM